忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

瀬戸の花嫁公式サイト

第11話『アルマゲドン』第12話『愛の奴隷』(Gyao視聴)

 第11話のカオスはともかくも、「スキとかキライとか通り越して燦ちゃん一筋なの」「ミジメなんていうやつはオレが許さない。それが留奈ちゃん自身でも。(続きは告白って受け取られてもも仕方なし?)」見事なコンボで、男をあげれば恋愛フラグ成立と(ただし一方通行)と永澄かっこよかったね。桃井はるこさんの燦も可愛くて、野川さくらさんが私様も面白いよね~、ハーレムアニメのはずなんだけど、永澄が燦ちゃんが一番、って貫いているので楽しくみています。太陽と月だね。

拍手[0回]

PR
ポルフィの長い旅

第44話『勇気をあげる』45話『路地裏に咲く薔薇』
 Biglobeでずっと視聴。色んな意味で1話からみてないけど4話ぐらいから、視聴するなかやっぱりポルフィの展開が俺には重い重いよ!やっとのアレッシアの再会も色んな意味で泣けた。ヨーロッパを旅してのロケハン?をされただけあって独特の薄暗い雰囲気が上手く描かれているのと、背景で心情的な部分を表してるのかな?20話のイタリア洞窟の街とか都会のパリでのドライさとかね、44話の後半暗すぎて認識できん画面あったけど、予想通りの展開(レモンさんファンはキャラが違うといえ覚悟いるかも)といえ綺麗なシーンでしたね。プリ5のシロうら推奨なら重ねられるかも?神のみぞ知るセカイの汐宮栞編もか。檸檬さんよりお姉さんのスカートをはいていない編み上げのつま先に鉄板のはいった靴をはいたお姫さまなアレッシアが印象的。45話はいつかの映画の話とつながるのかな?

拍手[0回]

 小さな小さな大冒険でした。ありがとうございました。最近プリキュアの感想サイトさんでも視聴されようとする方がおられるようですが???元々予告を見た時から感想は書こうとは思ってましたけど、メルポ間違い、ドラえもんの秘密道具に頼らない展開が新鮮だったかも。アリとか飴とかちょっとネタ被ってたよ?結論。夢原さんはとても漢前。とちょっと書いてみたドラ感想。映画Yes!プリキュア5GoGo!お菓子の国のハッピーバースデイが明日公開。どなたか舞台挨拶のレポートも期待。きらりさんのコンサートもですね~。いいな~。12月はこちらのハッピーセット(11/28~)もちょっと気になるところ。プリキュアさんもしてほしいなあ。


ドラえもん(テレビ朝日公式)

ドラえもんチャンネル

拍手[0回]

MAJOR(公式)劇場版MAJOR メジャー 友情の一球(ウイニングショット)

 
7月29日【28日深夜】より、総合テレビでメジャー第3シリーズを一挙放送  結構変則的なので視聴される方はリンク先からの確認を。メジャーは第1シーズンが一番好きですが、ずっと追いかけているので結局見る人。

 3rdの感想はここに書いていますが、ココな藤井、名波翠な中村美保、保志さんボイスでえらくラブリーになった♪内山くんの「俺だって部活やりたいんだよ」とか、あのキラヤマトが内山くんってのが面白くて本放送時話題になってたな~(笑)確かファンもついたはず?!シロップな朴さんボイス生意気清水大河とプリ5GoGo!テレパシー少女蘭もみてるんでキャストでみてもなかなか楽しい♪


拍手[0回]

『彼が愛したものは風と雲と冒険だった』数多あるアニメ作品の中、今でも最も好きな台詞。ゾイド新世紀/0最終話のタイトルですが、語っているのは、もちろん無印の主人公のバンのことで、エヴァ以降の内向的な主人公や作品がつづくなか、乾いた世界にエネルギッシュに生きる王道すぎるほど王道な主人公とキャラクターが逆に新鮮で今でも大好きな作品です。レイブンやシュバルツと帝国のキャラもカッコよく、何よりバンの熱血さが逆に新鮮だったのか女性ファンもきっちりついたいい作品でした。アニメシャワー枠でスラッシュゼロまでしてほしかったなあ。義賊のアーバインがカッコいいんよ。オススメは黒い稲妻。ムンベイ姐さんも好きでした。ゴツゴツしたグスタフ乗りってのがいいんよ。ラストはウルトラだけどね~。女性キャラが無骨なデザインのメカの乗り手ってのも俺は結構萌えだと思います。無印のゾイドが好きだったんで岸尾さんの藤P先輩のために無印のプリみたりした人だからね~。逆に燃えでなく萌えに特化したゾイドジェネシスはいくらレ・ミィやコトナが可愛くてもダメでした。 プリ5をみているのも、のぞみちゃんに冒険活劇の男の子主人公的要素を重ねているからだろうな~と。宝島とかきっちりまたアニメ化してほしいな~。冒険活劇好きなTSの雑記。


夏の終わりに、秋の風を感じると思い出す台詞です。
2007/09/01 (Sat)

追記。己のために再アップ。いや感想書くテンションあげるのも結局は己の感想と。

拍手[0回]

 スーパーロボット大戦Zに参入なので録画分を視聴。スパロボ補正というか二十年前の色々な意味でカオスだった物語の棘をひとつずつ抜いていってカミーユの成長を描いた作品といった印象。そのカオスさが印象深いということでしょうが、再放送で一応みているけど、俺は新訳のほうが好み。謀略劇の要素が強いのはターンエーっぽいか。押し付けでなく、己ができることを己の意思で。扱いのよくなったキャラも多く、ヘンケン艦長とエマさん元々好きでしたがカートリッジとかエマさん萌え。そんな中いつもながらハマーン様はすさまじい存在感でした。専用ガザCスパロボZでるのかな。∀ガンダムやブレンパワードの影響はあるでしょうね。

 新訳みると、ネットでは色々いわれる種も種運命も俺はまずまずかなとか。ⅠのアッシマーとかⅡのギャプランとかありますが、Zの強さが際立つほどでなかったかなとか。


 幼なじみヒロインな物語になったのも好印象です。ファ萌えです。だからおそらく意図的にフォウやロザミアがあっさりめで、フラウとアムロの会話もあったのでしょうね。キャストもC.C.とルルーシュ思い出したりしたけど、カミーユがカツの面倒みたりと兄貴分となって、いやスパロボみたいだな~が新訳みていて一貫したカミーユの印象、己の繊細さや経験をテレビでの我侭な強さでなく思いやる強さへとかな。上手く纏まらないけど。色々メッセージは込められたみたいですが、オレは娯楽として見られればいいのでそんなことは気にせずに、まとまった作品というのが感想です。

拍手[0回]

カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31












ブログ内検索
ブログ内検索





リンク
最新コメント
プロフィール
HN:
TS
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
一応日記メイン。時々アニメやゲーム語っています。四竜王と誕生日が一緒です。
アクセス解析
フリーエリア
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 迷宮と幻想と All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]