忍者ブログ
[391] [201] [387] [383] [385] [384] [381] [379] [377] [376] [374]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PERSONA trinity soulD.C.ⅡS.S.ダ・カーポⅡセカンドシーズンメジャーの3本です。ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんからお誘いの「今期終了アニメの評価をしてみないかい? 」参加企画です。

+ + + + + + + + + +

PERSONA-trinity soul-ペルソナ ~トリニティ・ソウル~

こちらに各話感想書いています。

ストーリー・・・3。 インパクトのある第1話からはじまる2クールでしたが、前半のマレビトやA潜在の使い方がもったいなあ~。ゲームならコミュイベントの人気キャラもいるのに~。兄弟の絆に帰結はよかったです。ペルソナらしく己の内面を描くがゆったりすぎた印象も。


キャラクター性・・・3。 何はなくとも神郷諒と神郷洵・結祈。と個性の強い長兄、弟妹に、おされぎみな慎でした。受動的なのは意図的らしいですがもうちょっと。学園キャラも真田や乾と個性の強いゲームキャラと比べると。


画・・・3。 安定してたと思いますが前半のペルソナバトルや夜のシーンがわかりづらい。最終回のバトルぐらいの動きを前半でもっとしたらな~。


演出・・・3。 心の動きを印象的な場面や演出で表現と思います。バトルより心情描写が丁寧でした。


音楽・・・3。 後期OP、EDのFLOWさん、川村ゆみさんの曲は雰囲気にぴったりでした。


総合的な評価・・・4。 ペルソナファンとしてみましたが、思ったよりバトルでなくペルソナを心として描いた作品だったと思います。オレはバトル要素期待してたのでこんな印象ですが心情描写を中心なせいか男女問わずに視聴されていた作品で最終回の叶鳴とかバトルでみせてくれたシーンもありましたが、マレビトなどあまり描ききれなかった要素が残念。

総合点・・・19。



D.C.Ⅱ S.S. ~ダ・カーポⅡ セカンドシーズン~

ストーリー・・・4。 1期未視聴。朝倉姉妹中心にみやすく後半は泣かせ所もありよかったです。


キャラクター性・・・3。 朝倉姉妹中心のせいか目立たないヒロインは目立たないままのがちょいもったいなかったかと。


画・・・3。 基本的にあまり画でみるってことはないですが安定していたと思います。朝倉姉妹は終始可愛くなんとなく音姫がメインでしたか?


演出・・・4。 さくら、由夢、音姫と義之の別れのシーンが作画や音楽もあいまって切なくもとてもきれいなシーンでした。


音楽・・・4。 yozuca*さん、Coorieさんの歌はとてもよかったです。Coorieさんあってこそのダカーポですよね!


総合的な評価・・・4。 桜は枯れても人の思いは枯れない。その思いだからこそ奇跡をとハッピーエンドでよかったなと。DCSSのアイシアが好きだったので、さくらの選択で色々と考えたり。あまり萌えアニメみないんですが久々にみてよかったのはやはりダカーポだからでしょうか?
まあ年令指定の美少女ゲームまずしないんでその意味でもみやすかったのかも。


総合点・・・22。




MAJOR 4th season メジャー第4シーズン

ここに色々書いているのでこちらも。

ストーリー・・・3。 さすがに原作のストックもきびしくオリジナル話がありましたがもう少しだったかな?です。後半のギブソンJr.がでてからはプラス1点です。


キャラクター性・・・4。 何はなくとも吾郎の成長物語なので。3rdに比べヒロイン少ない中陣内アリスや存在感を示した清水薫嬢いますがヒロインポジはアリスかな?


画・・・3。 時々作画乱れがあったのが残念。


演出・・・4。 気になるところなかったわけではないですが、Jr.との対決シーンなどみせるべきところはきっちりみせいていたと思います。


音楽・・・3。 ロードオブメジャーじゃなくなったんですよね。舞台にあったBGMでした。


総合的な評価・・・5。 原作も舞台がかわって昇格かどうかがつづいてギブソンJr.登場後に盛り上がったのでアニメも同様でした。教育TVの利を生かし、休み期間中の一挙放映、午前にリトル編再放送、午後本放送、午前にギブソンの話で第4シーズンもギブソン登場と、底力をみせつけられた作品です。第5シーズン、おそらくメジャーワールドカップ編での放送決定と年令問わず視聴できる夕方午後6時という枠にあわせたアニメで第5期も楽しみです。というか川瀬涼子ちゃんも再登場してください!


総合点・・・22。



全部は記入できないんで記入できるところだけ。

ストーリー
キャラクター性

演出
音楽
総合的な評価

ベストキャラクター賞
 神郷諒…PERSONA-trinity soul-ペルソナ ~トリニティ・ソウル~
最後の最後まで物語の中心でした。諒兄さんいてこそのペルトリでした。


ベストOP賞

ベストED賞

ベスト声優賞
 高垣彩陽さん。ベストキャラクターで後半泣かせてくれた朝倉音姫と迷いましたが演者さんで。true tears石動乃絵から知ったのですが、高垣彩陽さんこれからも注目です。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30












ブログ内検索
ブログ内検索





リンク
最新コメント
プロフィール
HN:
TS
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
一応日記メイン。時々アニメやゲーム語っています。四竜王と誕生日が一緒です。
アクセス解析
フリーエリア
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 迷宮と幻想と All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]