忍者ブログ
[281] [279] [280] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [271] [270]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PERSONA-trinity soul-ペルソナ ~トリニティ・ソウル~
第1話『特A潜在』
 抑え目の演出、雪降る綾凪市での十年ぶりの神郷慎、洵と諒との邂逅。リバース、影抜き、無気力症候群、己の中の仮面(ペルソナ)、三位一体(トリニティ)、飛行機での夢をキーワードとしてチェックをしておけばと。おそらく世界観の設定は第2話である程度で、OP、ED、本編の雰囲気とともに実にペルソナらしいというのが個人的な印象。P3にペル2罰と上田信舟さん版や異聞録の要素も上手くリミックスです。P3未プレイですが、ペルソナシリーズを彷彿とさせる要素が各所にあり今後にも期待。洵(ジュン)がキーなのはメガテンらしい。神郷諒はやっぱり周防克哉です。ソウルハッカーズな未来型新興都市の綾凪市もグッドです。確か富山県は、ITに力をいれていたはずだからそこからかな?

『今、あらゆるものの内なる可能性が、明日が閉ざされようとしています…あなたはもう・・・お目覚めになっていらっしゃる』いやまさにペルソナなイゴールの台詞だと思います。EDもですね。ペルソナ発動が眼が光ったあと仮面発動というのが実に実にかっこよく、自分はスタンドぽく後ろからってイメージだったのですが、まさに顔から仮面が浮かんで発動ってのがああペルソナ~だと気に入りました。

 慎の無意識化で触れたものを具象化できる、というのが自分の部屋に飾ってある彫刻で(慎のペルソナ?)、要するに夢でみたことを立体化できるって事ですね。いやその能力って意識と無意識の狭間のペルソナ使いとしては最強じゃないかな。次回にアルカナもわかるのかな?



 ポルノグラフティ?とかいわれるOPですが、喜多修平さんの、感情に抗うなよ その足を止めんな~の歌詞自分はあっていると思います。メガテンといえばロックだし。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30












ブログ内検索
ブログ内検索





リンク
最新コメント
プロフィール
HN:
TS
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
一応日記メイン。時々アニメやゲーム語っています。四竜王と誕生日が一緒です。
アクセス解析
フリーエリア
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 迷宮と幻想と All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]