忍者ブログ
[101] [81] [100] [99] [97] [112] [111] [110] [96] [95] [93]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女装した瑞穂の学園での成長を描くだけではなく、

+ + + + + + + + + +
最終話の台詞でもあったように、エルダーシスターとしての、
責任を最後まで果たそうとする姿を通じて、まりやと貴子の
成長を描くお話、と実は初見で感じていたジェンダーフリーや、
あなたはあなたらしく、という実にまっとうなテーマで、
描かれた良作でした。だから、世界史では貴子、寮ではまりや、と
対比。男性ではなく、与えられた役割に最後まで責任を持つ姿、は
演劇部の次回作と重ねられたようにまさに中世的な天使。なので、
瑞穂くんが男性か女性かはさして問題?ではなく皆が皆であるように、
の丁寧なテーマが、超変化球で描かれた珍しく最初から最後まで、
印象が変わらず、第一話でキャラもテーマも作品の心が読めた作品。
12話と1クールだったのも、凝縮した直球勝負ができた理由かな。
萌え男性美少女アニメ版プリンセスプリンセスといったところかな?
瑞穂くんを亨(大分違うけどね)と重ねたりしたので。
男性側の役割が黒の冬服、女性側が白の夏服、瑞穂が最後まで冬服で、
会長さんがまりやとの邂逅と和解を経て(自分らしく素直にって事です)
Aパートの黒の冬服から、Bパートでは白の夏服となり(関係ないけど、
白は夏場透けそうで色々大変だと思う、と萌え感想を書いてみる)、
恋する乙女として、ラストダンスを申し込む流れも秀逸。見事です。
同じく白の夏服のまりやのダンス、OPED連続とよ~くできてます。
感想ではあまりみかけなかったけど、制服が可愛いのはもちろん、
女の子達の部屋着や外出着も多く描かれて、小物使いも上手いので、
その点も見た価値十二分にあり。このスタッフ服装描くの上手いんで、
ファッションやデザイン関係いるのかな。まりやが一番着こなし上手く、
瑞穂くんの私服をやや中性的にしてるのが、芸が細かいな~と思って
見てました。と一応ファッションや小物も見てたりするんで。

あと同時期に見たNHK教育の再放送学園アリスもラストダンスは誰と?
DVDレンタルしたハリーポッターと炎のゴブレットもダンスパーティと
ダンスづいていたので、今年あたり自分にもダンスを踊ってくれる
(もちろん女性の)相手が見つかったらいいな~と思った最終話。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30












ブログ内検索
ブログ内検索





リンク
最新コメント
プロフィール
HN:
TS
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
一応日記メイン。時々アニメやゲーム語っています。四竜王と誕生日が一緒です。
アクセス解析
フリーエリア
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 迷宮と幻想と All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]