忍者ブログ
[217] [216] [214] [212] [213] [211] [209] [208] [206] [205] [203]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 らき☆すた未定→ハルヒ→まなびストレートと再視聴したので今さらですが学園祭つながりで。あ、そうそう、うる星やつら2ビューティフル・ドリーマーも再視聴。これは当然ですよね。うる星2は相変わらず学園祭なんだか夏休みなんだかわからんかった。すごい作品だと思うのは相変わらずです。映画のリンダ・リンダ・リンダ、ウォーターボーイズ、スウィングガールズまでを見たかったけどさすがに時間が。また見よう。ちなみにオレの感想がいわゆるオタク的?ではないのは実写の映画やドラマの視点でもアニメを見たりしたりするからです。まなびストレートのネットでの論争を見て更に実感。自分はまなびもハルヒも好きです。どちらかというのならまなびのような青春ど真ん中なお話が本質的に好み。で前置き長いですが、以前のサイトのハルヒ12話感想はこれ↓。

第12話は至極真っ当な青春学園ドラマ。しっかりと
ロケハンしているせいか、文化祭の描写が秀逸。
歌が上手かったと思うけど、もう少し学生らしい
アマチュアっぽさがあった方がよかったかも。
プロっぽいのが難しいところかな。原作既読時より
青春テイストが強く印象がかなりかわったお話。


 俺香椎由宇ちゃん好きなんで、ああ、リンダ・リンダ・リンダ(騒動は知りませんでした)だね~とハルヒでなく、平野綾さんがステージに立っているような印象でした。これは↑のプロっぽいという印象が更に強く、カメラ目線?ていうのかな?主要人物やお客さんを含め、皆がドラマを演じている役者さんって見えてしまったんで印象がかわったのかな。今見直すとよくできていてすごいお話だけど、なんとなくハルヒらしくなさを感じたお話。でもこの12話のハルヒが一番好きなんだよな~。逆にまなびの方にこそノスタルジーや共感を感じた理由がこの辺りにあるんだろうけど、ああまとまりわるっ。書けないや。直せたら直します。

 サーフィンして思い出したけど、涼宮ハルヒの憂鬱が実写???という今となってはガセな記事が飛び交ったみたいだけど、ガセというより権利とかもろろもで話はあったのにポシャったんだろうなとケータイ刑事の監督さんでハルヒ視点でなんてらしいし、パパと娘の七日間みたんで、新垣結衣ハルヒ面白かったかも。ファンなので戸田恵梨香ハルヒの方がキャストみたらいいかなとか。人気のキャストなんで今そろえるのはムリなくらい若手主役級勢ぞろいですね。時をかける少女なぞの転校生ねらわれた学園がモチーフのハルヒなんで、また実写化の話はでるでしょう。方向性がだいぶ違うけど、火浦功さんのファンな管理人です。ガルディーンはどうなったんだろう。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30












ブログ内検索
ブログ内検索





リンク
最新コメント
プロフィール
HN:
TS
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
一応日記メイン。時々アニメやゲーム語っています。四竜王と誕生日が一緒です。
アクセス解析
フリーエリア
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 迷宮と幻想と All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]