忍者ブログ
[332] [331] [330] [328] [327] [329] [323] [321] [324] [318] [320]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キミキスpure rouge
第24話『・・・・・・and meet again』
 星乃さんも明日夏ちゃんも甲斐くんもみんな素敵だったよ!!!

 恋が去っていく(このフレーズを捻り出すのに半日かかった)に感情移入するような物語だったかもしれない。星乃結美ちゃんいい子だよ!!アニメのラストみると更に(わーんまた涙)ウワサによると、true tears眞一郎も?H2Oといいこちらは風が運んで精霊になったと自分解釈)今期ラスト駆け足多い。星野さんでなく星乃結美(ほしのゆうみ)さんです。乃が野だったり、ゆみちゃんだったりが気になる。ゲームでの名前イベント好きなんで。

 ギャルゲーの同時攻略で爆弾を破裂させても突っ切った光一、ヒロイン固定ルートの一輝と暗喩にも。原作ゲームのみプレイ、キミキスでも複数ルート(グッドエンドムリでヒロイン登場しなくなるけど)ある程度できるので。人気爆発した東雲版きちんと読んでないしちょっと年令指定の雰囲気あるのが好みにあわないのもあるけど、摩央姉の魅力はアニメだけではわからないかな。もちろん破裂したのは視聴者の爆弾というのはいうまでもなく。でもでも、もし摩央姉が選ばれなかったとしたら?と考えるとどうなったかなと。ゲームのこのイベントのバージョンアップみたいな光一でした。いや~この作品ほど自分が根本的な部分で萌えオタでない事自覚できるのはなかったな~。


 うどん同好会やなるみちゃん、特に兄の一輝をみる菜々ちゃんが可愛かったよね。

 DVDで25話ってホントですか?

 硬軟、賛否うずまくエンドなのでTBもコメもこちらで選びます。俺は消極的ですがアリ(小さい声で)つづきは↓

 

+ + + + + + + + + +
 ギャルゲー層アニオタ層キャストが豪華で女性層の感想みれたり視聴継続してる人いるのが色々本当に面白くて萌え系の恋愛展開望む層(俺萌え系の感性があんまわかんないんで自分との感性の違いを理解する指標に大いになりました)が何を期待しているかデータにもなったんで。ぶっちゃけよく萌えオタに媚びない展開にしたよなと思った。いや~本当にいいデータ。俺自身萌えに媚びるのはダメなんで。変な言い方だけど、輝日南高校Weekly Newsの田中理恵さんの発言のようにネットサーフィンしてた時、先の展開をああでもないこうでもないって話しながら観るって雰囲気があったのがやっぱり面白かったです。最終話までみた萌えよりの層がいるのが正直すげーや。↓の↓に書いているけど俺面倒なので感想サーフィン控えたのに。気に入らないなら見ないという選択をしないのが俺はいまだに理解できないね。BIGLOBEストリーム週間ランキング3位ってびっくりするやん。とツッコミ。


 色々意見ありますが、ゲームの主人公もたいがいな性格(俺は受け入れられなかった)と書いておきます。アニメでの真田光一の、全部嘘だった、も星乃さんのことを好きだったのも事実だろうから、あえてキラワレル損な行動をして全部嘘だったも嘘だったと俺は解釈。尺がたらなかったのも事実でしょうが。まあ、結果として星乃さんのヒロイン度あがったし。はてさて同じく三角関係のシャナⅡの悠ニはどうなる事やら。


 最後まで、星乃さん、摩央姉ちゃんと苗字呼びと名前呼びだったのでゴールはわかってましたが。水澤摩央がその名に央があるように真田光一の心の中央にいて、星乃さんとの心の距離感が縮まらなかったんだろうな。バトンタッチのシーンも摩央と光一のためではなく、結ぶ美しさの名そのままに、光一との絆を結びなおして、ラストに、摩央姉ちゃんではなく、結美!と名前呼んで星乃さんエンドなら最高だったんだけど~。あれ?ゲームどうだった?と名前萌え的に書いてみました。



 ほ~、『物語に従った』エンド。それだけでみた価値あり。萌えオタならの強烈な閉じたワンマンさ、俺の感性ずれてるでもいい、キミキスPr感想巡りネガ感想読むの疲れ果て(全く理解できないのあり)消極的ですがありかと。そりゃ、キャラ萌え的に、星乃さん泣かせやがってこの光一め!(本音)思うけど、キャラ萌えよくわからないし。『恋愛って難しいね』でどう?最終回アフレココメント櫻井さんと福山さんが近い。小清水さんそりゃそうだ。でもゲームでも地味なイベント多い(それが魅力)結美ちゃんもヒロインになれた気がする。でも報われないヒロインとして人気がでるよりその純粋さと健気さから報われたヒロインとして人気でてほしかったよ。最後の最後まで一輝が美味しかったです。


 恋愛の影を受け入れるか否かが肝かも。実際急にモテると周り見えなくなり(多少経験が)ゲームのキミキス自体未完成の部分、特にマッチング会話、あったし、5点中3点ぐらいのシステムやキャラ描写やシナリオの詰めが甘いテンポもイマイチなゲームだったので。ネットでわあわあいうほど大絶賛でないのも本音。アニメの評価も概ね平均点★★★が妥当。実はクラナドが途中から流し見でした。アニメだけの視聴層もいたみたいですね。何やかんやでMBSアニメシャワー枠、クラナド、ペルソナときて、キミキスprが一番物語を楽しみにみていたので全話みてよかったかなと。クラナドがラスト平坦で、ペルトリも霧にかかったような全体像が掴みづらい展開だったので。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30












ブログ内検索
ブログ内検索





リンク
最新コメント
プロフィール
HN:
TS
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
一応日記メイン。時々アニメやゲーム語っています。四竜王と誕生日が一緒です。
アクセス解析
フリーエリア
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 迷宮と幻想と All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]