忍者ブログ
[233] [231] [230] [228] [229] [226] [23] [220] [225] [224] [223]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キミキスpure rouge
第1話『meet again』
 きちんとした評価の為再視聴。菜々からはじまらずに摩央の帰国からはじまり真田光一と相原一輝までの出会いを入学前の春休み最後の休日の柊と共に映画撮影をはさみ丁寧に描写。柊のカノジョ知ちゃん?(信じたくはありませんが)の伏線や原作で大人気の菜々を、幼なじみの友人の妹というポジションにすることで、ゲームと全く別のお話なのは一応の提示はされてはいます。それで原作のファンは納得するかは別ですが。

 設定を変更するのなら、視聴する、しないの選択をする意味でも、事前に情報を公開してほしかったですね。事前情報がない原作ファンは設定変更知らずに見る選択しかないので。ノベルでない久々の恋愛SLGだし。
ほんの少しだけ情報ありましたが、それで判断はなかなか難しい。です。選択の材料が少なすぎなのが…。仲間由紀恵さんの、恋のように僕たちはでなく、スピッツの空も飛べるはず、BGMに最後まで視聴します。園子のポジション?が今回主人公の摩央姉???かな。将来の進路に迷いがある?とかで。

+ + + + + + + + + +
とにかく摩央姉を主人公視点で描いた前半。ヤングアニマル東雲版の一番ゲームにちかい生き生きとしてる摩央姉の声を聞きながら後半。前半の力をいれていた摩央姉の作画でさえ息切れ?で菜々が可愛くない!と思いながら、摩央姉視点で甲斐との出会い、おそらく一番改変されてないシナリオであろう光一は星乃結美(ユウミね、ゲームでもありましたがユミと間違えないであげて)、カズキは咲野明日夏から人気ナンバーワン二見瑛理子とのイベントでラストと、ゲームや東雲版およびREDの漫画版が未見でこのアニメ初見ならそれなりに評価される内容とは思います。逆にゲームや漫画のファンは、萌えでなく男女共に支持を広げようとした作風に反発を覚える人もいるのかと。自分は事前情報なしでだまし討ちをされたかのような事が一番アニメに反発するところでしょうか?設定改変するなら事前にらそういっておいてくれればいいのに。ハチクロやのだめカンタービレまんまな雰囲気も一見さんにやさしい、いい意味でわるい意味でも普通なんで、それで受け入れやすかったのかと。ひぐらしとかスクイズとか濃すぎる作品が続いたので一息つけたというか。


う~ん。恋愛SLGが原作なのであえてハーレム展開をいやがって、キミキスはハーレム展開だと浮気発覚!でほぼクリアフラグ消失なので、ハーレム展開ができる作品ではありません、男性主人公二人、女性主人公一人の群像劇にしたかったのであろうことはわかりますが、個人的に三人の視点がすでに分散して感情移入しずらいです。情報どおりなら各ヒロインに男性キャラがいるなら、ますます視点が分散してお話が空中分解しそうな綻びもちらほら。ビバリーヒルズ青春白書よりも一印象的に一番近いのは白線流しですが、それでもメインの筋が通っていたけど、お話の本流になるはずの、星乃さんの作画があまりにも…泣ける。実写と違いせっかくの絵でみせるアニメだからもっとヒロイン補正を作画でもしてあげて(涙)第2話『cool beauty』第3話『book mark』第4話『step in』と一応各ヒロインと摩央姉の行動と心情をシンクロさせるような展開みたいですが、あちらを立てればこちらが立たずで、どうでしょうか?ハチクロとのだめを視聴していたことが予想通り?役にたったのが喜んでいいのかどうのやら。ビバヒルも白線流しも結構好きだったんで。



率直にいうと中途半端なので、第1話が気に入った一見さんもキャラが増えて視点が分散したらどうなるやら。


とりあえず、book markは小説のお話に近いようなのでしばらくは視聴継続します。ゆうみ、です、お忘れなく。

追記。某掲示板より転載。おそらくアニメ製作者サイドの意見と思われるので貼っておきます。↓

俺は原作やってないから普通にみれたけど あの帰国子女のねえちゃんもあのクールな男の子との関係の発展もワクワクするし主人公が二人いるっていうけどいろんな視点からみればいい話ではないか?確かに特定のキャラクターが好きな人にとってきついとは思うけど そのうちそんなこと忘れて特定のキャラクターが好きだったことも過去のことになって人間関係の深い行き違いとかで物語に引き込まれていくと思うよ たぶん監督や脚本の人たちもそういうのをみてほしいと願っているし視聴者をそういうことのわかる人間に成長させたいという思惑があると思うよ


だそうです。もしスタッフサイド?なら1話しか放映していないのに人間関係の深い行き違いとかしゃべりすぎ。たった1話でどう判断しろと?アニメ製作サイド原作ゲームプレイしたんだろうか?コアなファンや本編スタッフ思うところがあったようですが、ときめきメモリアルドラマシリーズはドラマシリーズのスタッフが本編のファンなせいもあって、きっちりときメモ本編にファンも引っ張れてサイドストーリとして、アニメやドラマ以上によくできてましたよね~としみじみ。自分のメディア展開の基準はこのドラマシリーズです(無印限定)。


 アニメがどの方向になるかまだまだわかりませんが、原作ファンを切り捨てるのではなく、アニメのおとボクが最後には原作ファンを振り向かせたように、アニメスタッフも原作ファンを見下すのでなく、中途半端にメルマガ中止とか原作ファン向けか新規ファン向けかわからない行動なんてせず、作品とキャラを大事にしているという姿勢を見せて納得させてほしいものです。もし2クールならきっちりと学園祭、クリスマス、バレンタイン、卒業式まで描きやすい題材勢揃いなので視聴は最後まで継続します。切り捨てでなく振り向かせてみろと。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31












ブログ内検索
ブログ内検索





リンク
最新コメント
プロフィール
HN:
TS
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
一応日記メイン。時々アニメやゲーム語っています。四竜王と誕生日が一緒です。
アクセス解析
フリーエリア
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 迷宮と幻想と All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]