忍者ブログ
[349] [348] [347] [344] [343] [342] [341] [339] [337] [336] [335]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PERSONA-trinity soul-ペルソナ ~トリニティ・ソウル~
二話まとめて。

己の内の仮面(ペルソナ)WORDOFTHE VOICE 我呼ぶ声


第14話『狭間の彷徨』
 季節は過ぎ夏。静かに進行する無気力症。2クール目新OP、ED。OPの叶鳴の片目が印象的。新OP、EDともによりゲームのペルソナらしく気に入りましたが、EDの歌詞と絵がより自分的にはトリニティソウルらしく。旧約聖書の兄弟名のペルソナ名のごとく、慎の夢が未来図なのだろうか?真田センパイ、戌井の正体判明とゲームファンにはよろこぶ展開で、第1話をトレースするような第14話でした。映子さん…。

このメンバーだからこそのペルソナ使い

このカット気に入っています。


第15話『明日を閉ざすもの』
 叶鳴と慎、めぐみと拓郎のラブコメより、豪快に炒飯をほおばる真田センパイが全てもっていったような。前半の謎解きと設定語りをしながら、慎たちにペルソナ使いとしての協力を。でも、ウワサをペル2のジョーカーみたく影抜きも利用して、A潜在リストに利用したととれるのでうれしくはないだろうなあ。いやゲームなら協力しないという選択肢ありそうだなとか。派手なバトルありませんでしたが、岡持ちなど静かに進行する無気力症が不安やこわさを。P4の宣伝はじまったせいか、よりゲームのペルソナに近い雰囲気で正直前半迷いながら視聴していましたが、2クール目はOP、EDもらしく見れそうです。諒兄さんが暗黒面に堕ちたのかそれともペルソナのみの暴走か?間違いなく慎と諒の対決はあると思うので、慎がその展開を乗り越える強さを持つ主人公かも含めて視聴継続です。一応は叶鳴の影抜きのことは台詞のみですが多少回収していました。お守りがキーアイテムかも。


 雰囲気がファントムソサエティなソウルハッカーズ的かも。ペルソナ使いはその力に値するおおいなる責任を。黒の契約者では対価(心の中の内的な束縛らしい)でしたが、慎は兄との対決?がその先に…。新OP、EDともらしいカットなので、P3原案ですが、イゴールだけじゃなく是非!フィレモンも登場してほしい!と思ったりしています。


EDより。諒兄さんが窓の外にしかいないのが切ない。洵が読んでいるのはくじらのはね?咲いたサボテンの花には蝶が…。
蝶は導く そのペルソナにふさわしき…トリニティソウル


OPより。慎の影、洵の両側を通り過ぎる列車、片目で視ている叶鳴が印象的。
慎の影
めぐみ、拓郎、叶鳴、アヤネ?10年前のできごとが…



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31












ブログ内検索
ブログ内検索





リンク
最新コメント
プロフィール
HN:
TS
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
一応日記メイン。時々アニメやゲーム語っています。四竜王と誕生日が一緒です。
アクセス解析
フリーエリア
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 迷宮と幻想と All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]